美容のために眉毛脱毛の保険がきく場合を知っておく

2019年06月28日
肌がきれいなので、満足をする女性

美容のために眉毛脱毛をしようと考えるときには、まずどのような状況ならば眉毛脱毛に保険が適用されるのかを知っておかなくてはいけません。
まず、前提として知っておかなくてはいけないのはどのような状況であっても単純な美容のための眉毛脱毛に対して保険の適用が難しいということです。

では、なぜ美容のための眉毛脱毛には保険が適用されないのでしょうか。
これは、日本国内の保険制度の法律がそのように決めているからです。
日本では、保険の適用がある手術や薬の処方に関して明確な基準が存在します。
それは、病気を治療するためにそれらの行動が行われなくてはいけないということなのです。
日本の保険は、国が定めた病気に分類できるものに対して治療行為を行わない限り保険の適用を受けることができないように決められています。
美容で眉毛を脱毛する行為は病気を治療するための行為とは認識できないので、自己負担で施術を受けなくてはいけません。
これは、眉毛の脱毛だけではなく美容整形全般に言えることです。
法律的には医療機器を利用した施術だと認められている永久脱毛も、本質的には医療のために行うものではないためそのまま自己負担となります。

そして、このような性質から保険の適用を受けるためには眉毛脱毛をすることが医療行為であるということを証明する必要があるわけです。
例えば、顔に大きな傷を負って脱毛しないと患部を手術することができないなどの事情があるときには、脱毛行為をすることによって費用の控除を適用することができます。

日本の制度はこのような仕組みになっていますので、美容行為がそのまま医療行為に繋がるかどうかが適用されるかされないかのポイントになるわけです。